〈関係先リンク〉
株式会社東陽理化学研究所

フィルター式除菌加湿機の問題点をクリア 光触媒効果+殺菌灯照射で、室内空気を除菌・浄化 フィルターレス・光触媒式加湿・除菌機
商品化・製造・販売の 提携先を募集中です
パンフレットのダウンロードはこちらから(pdfファイル約1.7Mb)

性能が革新的
従来型除菌加湿機では、 フィルターがカビ・細菌の温床となる危険性。 除菌されるのは加湿水 → フィルターレスだから危険性ゼロ。 殺菌灯と酸化チタンで室内空気を除菌・浄化
現在市販されている除菌加湿機は、加湿フィルターを使用するため、加湿フィルターを定期的に洗浄や交換することなしに使い続けると、カビや細菌の温床となるという危険性を秘めています。
また「除菌」といっても加湿水を除菌するという意味であり、室内空気を除菌するわけではありません。
当社が新日鐵住金の協力を得て開発したフィルターレス・光触媒式加湿・除菌機は、加湿ユニットに、新日鐵住金製「エコチタニア」使用の回転羽根を搭載。
殺菌灯の照射と酸化チタンの光触媒効果により、細菌・ウイルスの直接除菌とVOCの分解・除去を実現しました。

しかも酸化チタンの超親水性により、花粉・PM2.5などの有害物質を吸着し、水に取り込み排出します。
原理と効能

進化した
メンテナンス性
●除湿・加湿の心臓部である回転羽根に、新日鐵住金製の酸化チタン「エコチタニア」を使用。半永久的に腐食せず、耐久性にすぐれています。
●機器メンテナンスは、年に1度のUV蛍光管交換(費用約2,000円)のみ。
●常時運転しても、給水は1日1度、排水は2〜3週間に1度(いずれも約1リットル)。
●2カ月に1度、回転羽根に付着するカルキをクエン酸液で除去するだけで、光触媒効果は劣化しません。

エコ社会の
ニーズに対応、
コンパクト
●24時間、フル機能(強運転)で使用しても、電気代は1日約15円(1kWh=25円で算出)。
●重さ約4.0kg、サイズ25×35×30cm。ハイパフォーマンスを軽量コンパクトなボディで実現。構造がシンプルで、メンテナンス性にも寄与します。

すぐれた快適性 ●チタン羽根の回転数は15rpm、運転音も静かです。
●常温気化式で加湿するため過剰な加湿がなく、いつも適度な湿度が保てます。
 シンプルな構造で、生産効率にもすぐれています(サイズは試作機の実寸です)

全体図水トレイ部(酸化チタン回転板)。 独自の光触媒効果と有害物質吸着性能を生み出す、 新日鐵住金製「エコチタニア」使用の回転羽根
試作機製品仕様
フイルターレス+酸化チタン光触媒で、比類なきハイパフォーマンス
商品力と市場性、生産性
 技術資料

S09性能比較試験(アセトアルデヒド  タバコ5本)2015.5.20 S09殺菌灯性能比較試験(アンモニア  タバコ5本)2015.5.20
※UV光源としてブラックライトの他、殺菌灯も使えることを確認しています。
※ 6W型殺菌灯のメーカー定格寿命はグラフに示されているように、紫外線強度が80%となる約4,000時間となっています。しかし、除菌性能評価試験の結果から、紫外線強度が50%に相当する6W x 1灯の場合でも除菌率99%を達成しており、実用上は約8,000時間まで使用可能と推定されます。
※殺菌灯はUV-C線(254nm)を用いていますので、人体に有害なオゾンの発生はありません。
除菌性能評価試験
殺菌灯の寿命 殺菌灯のスペクトル